鎌倉ハムクラウン商会の会社情報・経営理念です。

ごあいさつ

 私たち鎌倉ハムクラウン商会は、昭和46年よりハムやソーセージを無添加で一貫して「無塩せき」・無添加のハム・ソーセージを作り続けてまいりました。

 化学調味料などの食品添加物についても極力使用せず、原料肉と塩・砂糖・香辛料というシンプルな配合で製造しています。

 このような製品開発の背景には、「子供たちに多くの食品添加物を食べさせたくない」という、お母さん達の願いがありました。 当時、無添加でハムやソーセージを作ることは考えられないことでしたが、 鎌倉ハムクラウン商会はこの切なる願いに感銘を受け、試行錯誤を重ねることで、現在の製品を開発いたしました。

 無添加のハム・ソーセージは一般的なハム・ソーセージに比べて、色が鮮やかではないかもしれません。また、長く保存することもできません。しかし、私たちが追究してきたのは、素材本来の「おいしさ」と「安全」なのです。

 鎌倉ハムクラウン商会は、特に次世代を担うお子様たちに安心して召し上がっていただける、やさしくておいしいハム・ソーセージを作り続けます。

 それが、これからも変わることの無い、鎌倉ハムクラウン商会の製品づくりへの想いと責任です。

代表取締役 霜田 浩


経営理念
  1. わが社は、無塩せきハム、ソーセージのパイオニアとして誇りを持って何事にもチャレンジできる企業をめざす
  2. わが社は、お客様に安心・安全・満足を提供できる企業をめざす
  3. わが社は、食品を通じて社会に貢献できる企業をめざす
  4. わが社は、従業員の生活の豊かさと自己実現をめざす
  5. わが社は、会社の永久的な発展をめざす
会社概要
商号 株式会社 鎌倉ハムクラウン商会
所在地 〒235-0016 横浜市磯子区磯子6丁目40番12号
設立 昭和37年6月
資本金 45,000,000円
役員 代表取締役   霜田 浩
取締役工場長  松島 俊樹
取締役第一製造部長 梅木 辰雄
取締役第二製造部長 安藤 弘一
監査役     霜田 和恵
従業員数 140名
取引銀行 かながわ信用金庫 井土ヶ谷支店
横浜銀行 上大岡支店
三井住友銀行 上大岡支店
電話 045-761-3641(代表)
FAX 045-761-3645
主な仕入先 原料肉:株式会社柴畜、清水港飼料株式会社、有限会社室井商店、関東日本フード株式会社 他

梱包資材:丸善清水株式会社、城北化学工業株式会社、株式会社五明紙器製作所、株式会社共立紙器製作所 他
主な販売先 生活協同組合:全国生活協同組合、生活協同組合連合会 他

給食:株式会社SN食品研究所、昭和食品株式会社、株式会社コーゲツ、日本給食株式会社 他
沿革
昭和37年6月 資本金120万円にて横浜市神奈川区平川町において設立。
昭和38年11月 資本金を500万円に増資。
昭和40年11月 資本金を1500万円に増資。
昭和41年6月 資本金を2000万円に増資。
昭和41年7月 現在地に新工場を建設し、本社および工場を移転。
昭和41年10月 農林水産省JAS規格認定工場(認証番号49)の認定を受ける。
昭和42年6月 資本金3000万円に増資。
昭和43年10月 資本金4500万円に増資。
昭和46年9月 無塩せき製品の開発に成功、生協各組織、店舗への供給を開始する。
昭和52年7月 横浜市金沢区に金沢パッケージセンター竣工。
昭和59年4月 北海道阿寒町に北海道支店阿寒工場を建設し、操業を始める。
昭和60年2月 オランダ・ドイツ両国より食肉技師(マイスター)2名を3年契約にて招聘。阿寒工場において技術指導を受ける。
昭和62年5月 本社新工場建設に着手。
昭和63年3月 新社屋竣工。
工場部門をクリーンルーム化し生産を開始。
新社屋完成に伴い金沢パッケージセンターを新工場に統合。
平成8年11月 北海道支店阿寒工場が分離独立。
平成13年11月 社長交代
平成14年4月 前代表取締役霜田誠が長年の功績を認められ黄綬褒章を受章する。
平成24年6月 創立50周年を迎える。
平成26年1月 本社工場がISO22000の認証を取得。
平成29年6月 創立55周年を迎える。

各種お問い合わせ・ご相談・資料請求は
電話またはメールフォームをご利用ください。

営業時間 平日 9:00 ~ 18:00

045-761-3641

〒235-0016 横浜市磯子区磯子6丁目40番12号
TEL:045-761-3641(代表)
FAX:045-761-3645